トップ

病院のお話を知りたい

病院のキホンを知りたい

病院でも後払いについて

病院に通うとそのときに、医療費を支払いますが、後払いというケースもたまにあります。それは、夜救急で罹った時は医療費がはっきりとわからないのでい後払いにするケースもあります。また入院しているときも費用が分かり次第支払うケースもあります。でも現金のときは基本的に後で支払うということはありません。カード払いであっても、そのときに精算をしてあとから自分の口座から引き落とされるというケースですからそれは後で支払うということではありません。病院にいくときは、ある程度の多めに現金をもっていたほうが突然の検査のときにも慌てないで済みます。

病院で後払いも可能です

病院を受診した時に、予想していたよりもはるかに高い金額を請求される場合があります。院内や最寄にATMがないと、出金してくることも出来ません。また、高齢者では最寄のATMまで歩いて行くことが困難な方もいます。そのような場合には、病院では後払いを認めてくれます。かかりつけの医療機関であれば、申し出をするだけに次回の診察時に前回未収金として合算して請求するようになります。それ以外の医療機関の場合には、書面に必要事項を記入しておけば後払いが出来るようになりますので、手持ちのお金がわずかになった時にこの方法も依頼出来るので知っておくと便利です。

↑PAGE TOP

Copyright © 病院のキホンを知りたい. All rights reserved.